眼精疲労

 

あなたの目は本当に疲れ目ですか?

 

疲れ目とは眼精疲労イラスト.jpg

人は脳に伝わる情報の約8割を目から得ていると言われます。現在の生活の中では仕事でパソコン、プライベートでテレビゲームやスマートフォンやタブレット端末など眼に負担をかけるものが沢山あります。今となってはパソコン無しの仕事なんて不可能だと思います。便利になった分だけ目の負担は大幅に増えています。目を長時間酷使する事で、目のピント調節をする為の筋肉に疲労がたまり目のかすみや充血などの症状を引きおこします。但し一晩寝ると回復する事が殆どです。これが「疲れ目」です。

 

 

 

眼精疲労とは

疲れ目の症状が慢性化してしまい、疲れが取れない「眼精疲労へ」と移行します。症状は目のかすみや充血以外にも頭痛、吐き気、倦怠感などの心にまで症状が及びます。

 

眼精疲労の原因とは

目の酷使の場合
長時間のパソコン作業、テレビ鑑賞、テレビゲーム、携帯型ゲーム、読書など

目に異常がある場合
ドライアイ、屈折異常(遠視、強度近視、乱視、老眼など)
矯正不良(度数の合っていないメガネ、コンタクト)など

身体の病気が目に現れる場合
風邪やインフルエンザ、更年期障害、虫歯や歯周病、鼻や耳の病変が原因となることもあります。

眼精疲労から慢性疲労性症候群へ

「慢性疲労性症候群」聞き慣れない言葉ですが、次の様な症状に心当たりはありませんか? 

  • 微熱
  • 咽頭通
  • 頸部またはリンパ節の腫れ
  • 原因不明の筋力低下
  • 強い光に対して過敏になる
  • 思考力の低下
  • 関節障害
  • 睡眠障害

「眼精疲労」の症状に上記の症状が現れると

「慢性疲労性症候群」の可能性も考えられます。

慢性疲労性症候群とは
原因不明の疾患で、通常、血液検査等も含む全身の検査を受けても他の病気が見つからず、精神疾患も当たらない場合に初めて疑われる病気ですが、気分障害(双極性障害、精神病性うつ病を除く)、不安障害、身体表現性障害、線維筋痛症は併存疾患として扱い除外しない。 詳細に検査をすると神経系、免疫系、内分泌系などに異常が認められる場合もあります。

 

当院の眼精疲労に対する治療

眼精疲労の多くは目の症状だけではなく首や肩にも不快な症状がでる事が殆どです。はり治療は目の周りのツボを多用します。手技療法で問題のある筋肉、関節にアプローチします。顔にはりとなると怖いと思われますが、実際の治療中の患者様は熟睡される方がほとんどですのでご安心下さい。また必要に応じて眼科との併用をお勧めしています。

お問い合わせはこちらまで、075-925-8822
TOPへ戻る