スポーツ外傷・障害

 

スポーツ外傷とは...?マラソンイラスト.jpg
 

スポーツ(運動)をしている最中に負う怪我(例:転倒による捻挫など)の総称です。
 

スポーツ障害とは...?
 

スポーツ(運動)を繰り返し(長年)している事による使い過ぎ(オーバーユース)で筋肉や関節に起こる痛みや不調による障害の(例:テニス肘、オスグッド病など)総称です。

この2つの言葉はよく混同されますが、
全く違うものです。

 

スポーツ外傷

これは突然起こってしまうものですから、予防は中々難しいと思います。
接触性のあるスポーツ(ラグビー・アメフト・サッカーバスケット・野球・ハンドボールなど)
こちらの種目は人対人が接触する訳ですから、何が起こるかわりません。
非接触性スポーツ(陸上競技・水泳・テニス・ゴルフ・バドミントン・卓球など)
こちらの種目は直接的には接触性はありませんが、やはり転倒や急激な運動によって負傷する可能性があります。
スポーツ外傷は年齢性別問わず発生します。出来れば怪我はしたく無いものですが万が一スポーツ外傷が起こってしまった場合には応急処置が重要です。

「RICE処置」です。

「Rest」・・・安静(負傷直後より負傷部位の回復が始まります。運動を中止し安静を取ることで身体の回復力を最大限生かします。)
 

Ice」・・・冷却(負傷後に患部が腫れてきます。これは患部の自己修復機能が高まる為ですが、痛みも伴いますので、冷やす事により腫れや炎症をコントロールします。この作業によって怪我の治りが大きく変わってくるのでとても重要です。)
 

「Compression」・・・圧迫(患部に適度な圧迫を与える事で腫れ炎症をコントロールします。圧迫をし過ぎない様に注意して下さい。)
 

「Elevation」・・・挙上(患部を心臓より高くする事で重力を利用し血流をよくし、腫れや炎症をコントロールします。)

「RICE処置」完了後医師の診察を受けて頂く事をお勧めします。(あくまでも応急処置ですので。)

スポーツ障害

上にも書きましたが主な原因は使い過ぎ(オーバーユース)によるものです。
単なる使い痛みと思わないで下さい。初めは大した症状ではありませんが、放置しておくと競技生活を引退へ追い込む事もしばしばあります。また成長期のお子様にも多くある症状です。
ではどう対処すればいいのでしょうか?答えは簡単です。使い過ぎ(オーバーユース)の状態を止めることです。これが出来れば苦労はありませんよね?
でも実際は...

  • 怪我なんて練習すれば治るはず。
  • 大事な試合が直前に迫っているから我慢してしまう。
  • 練習を休む事への仲間に対する罪悪感。(サボっている様に思われる)

などが患者様からお聞きした理由ですが、身体は悲鳴を上げている状態なのに練習を続けていて本当によい結果が出せますか?
そしてスポーツ後のケアは十分に足りていますか?

  • アイシングする時間・設備が無い。
  • 練習時間にケアの時間が入っていない。
  • ケアは何となくしているが、自信が無い。
  • ケアなんて必要ない

これもまた患者様からお聞きする話ですがスポーツをするにあたってメインの練習は非常に大切なのは重々承知ですが、身体のケアは疎かになっていませんか?
スポーツでよくある表現ですが「追い込む」という言葉ですよね。しかし追い込むばっかりではいつかパンクしてしまいます。そこでもう一度ガス抜きにあたるケアを見直してみませんか?

 

当院のスポーツ外傷・障害に対する治療

どんなスポーツにあてはまりますが、まずは休養が一番です。急性期であれば尚更です。慢性化した場合も同じくです。一見遠回りに感じますが、本当の近道をご提案します。
症状が慢性化している場合はあなたの身体本来の回復力の低下も考えられます。そこで鍼灸治療の出番です。また回復、予防の為に患者様に合わせた手技療法で関節可動域の改善やリハビリ(トレーニング)のご提案もします。
あなたのパフォーマンスを最大限発揮出来る様に治療をおこないます。

お問い合わせはこちらまで、075-925-8822
TOPへ戻る