鍼灸治療の効果は?

東洋医学の基本的な観念
 
 
である陰陽のバランスを調整すること。

 
 
これが鍼灸治療の役割です。

 

鍼灸治療と耳にすると「痛い!!、熱い!!後遺症があるんでは!?」と大半の方が思われていると思います。
実は、治療の世界に入って間もなかった頃の私もそういう考え方の張本人でした(笑)実際に治療の勉強し、経験を積み臨床の場に立つことでその誤解が吹っ飛びました。施術中の患者様はベッドに気持ち良さそうに横なり、担当の先生と気さくに話をしている光景を目の当たりしたからです。

東洋医学の陰陽のバランスは自然界のすべてのものがそうであるように、人間の身体においても同じものだと考えています。例えば、男女これも1つの陰陽です。人間は陰陽のバランスを保つことで生命活動を維持しています。しかし色々な原因により陰陽のバランスが乱れてしまいます。そんな時、お身体に不調の兆候が現れてしまいます。
世の中に完璧な物は何一つありません。臨床の現場では西洋医学も東洋医学も代々受け継がれてきた物ですが、やはり完璧ではありません。そこで西洋医学の観点と東洋医学の観点のバランスをとり治療をすることで、双方のマイナス部分を埋め合いバランスを調整します。
これも1つの陰陽のバランスです。
患者様のお身体は誰1人同じ方はおられません。つまりお身体の現状を把握し原因を探り、患者様にとって最良のバランスを整えるオンリーワン治療をしています。

 
東洋医学の
 
 
五臓(肝・心・脾・肺・腎)の働き
 
 
を診ています。
 

 

ここでいう五臓とは西洋医学の肝臓や心臓等とは少し意味変わります。
例えば肝であれば血を蔵し、目や筋肉などと関係性が深いと考えます。また精神作用では物事を積極的に、徹底的にあるいは計画的にしたいといった作用があります。
肺であれば気を蔵し全身に巡らせ皮毛や鼻と関係性が深いと考えています。また精神作用はやる気を起こさせる作用があります。
何事もですが基本が一番大切です。基本が出来ているからこそ色んなケースに対応する事が出来ます。
鍼灸治療とは陰陽のバランスと五臓の働きを掴んで初めて治療する事が出来ます。

これが「なぜ鍼灸治療は効果があるのか?」の答えです。

お問い合わせはこちらまで、075-925-8822
TOPへ戻る