自律神経失調症

 

こんな症状に心当たりありませんか?

 

ストレス過多.jpg

自律神経失調症とは...?

不規則な生活や習慣等に誘発され身体を働かせる自律神経のバランスが崩れ様々な症状がお身体に起こっている状態です。不調を訴え病院を受診しても内蔵、器官の検査では異常が「無し。」となる事がほとんどです。

主な症状です。(一部です)
頭痛・耳鳴り・疲れ目・喉のつまり感・動悸・めまい・のぼせ・息切れ・冷え・腹部の膨満感
便秘・手のしびれ・足のしびれ・頻尿・生理不順・陰部のかゆみ・肩こり・関節の痛み
倦怠感・微熱・食欲低下・眠れない・すぐ目が覚める・朝起きるのが辛い
不安になる・イライラする・落ち込む・集中力がない・やる気が出ない・すぐに悲しくなる
などなどがあります。

 

そもそも自律神経とは...?
自律神経とは心臓を動かしたり、汗をかいたり自分ではコントロールする事が出来ない自動的に働く神経のことです。自律神経には2種類あり、主に活動的な役割を持つ「交感神経」と主に休息的な役割を持つ「副交感神経」の2つです。本来健康体であればこの自律神経の働きが自動的に切り替わり生活をしています。
自律神経の主な役割
精神の調整・神経の調整・内分泌調整内臓機能の調整・免疫の調整などです。

自律神経失調症の原因とは...?
症状が1人1人違う様に、原因もまた同じです。色々な原因が絡み合って症状が現れます。

※生活リズムの乱れ
夜更かし、夜型人間、夜間勤務や小さな頃からの不規則な生活習慣、人体のバイオリズムを無視した社会環境やライフスタイル。

※過度なストレス
職業などの社会的ストレス、対人関係、精神的ストレス環境の変化など。

※ストレスに弱い体質
子供の頃からすぐに嘔吐してしまう、下痢をする、自家中毒、環境が変わると眠れない、など生まれつきの自律神経が過敏な方。また思春期や更年期身体が弱っている時は自律神経のバランスが崩れ易い。

※ストレスに弱い性格
「ノー」と言えない、感情の処理が下手、気持ちの切り替えが出来ない、他人の評価が気になる、人と信頼関係を結ぶのが苦手、依存心が強いなど。

※環境の変化
現代の生活は身体本来が持っている適応力が衰え易く、社会環境の変化人間関係、仕事の環境変化などの適応力が過剰になったり不足が増えている。

※ホルモンの影響
一昔まえでは女性特有の問題とされていましたが、最近では男女関係なくホルモン分泌の不調により自律神経のバランスが乱れることがあります。
 

自律神経失調症の一般的な治療法

  • 自律神経訓練法等によるセルフコントロール
  • 薬物療法
  • カウンセリングなどの心理療法
  • 音楽療法やアロマセラピーなど五感に働きかける治療法
  • 自己管理によるライフスタイルの見直し

 

当院の自律神経失調症に対する治療

自律神経失調症は人それ症状が違います。よって治る早さもそれぞれ違ってきます。他の人と比べる必要はありません。あなたのお悩みをしっかり受け止めお困りの症状に合わせて治療プランをご提案していきます。鍼灸治療と手技療法のバランスをとり治療を進めますのでご安心下さい。鍼灸治療をご経験ある方も無い方は是非ご来院をお待ちしています。

お問い合わせはこちらまで、075-925-8822
TOPへ戻る